加護亜依、現在も都内に在住 彼氏は「彼女がかわいそう」・芸能情報探偵の私ルパン8世が、妻夫木聡と柴咲コウの熱愛の行方と話題の芸能情報とニュースを中心に独自の視点でお知らせします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加護亜依、現在も都内に在住 彼氏は「彼女がかわいそう」


2度目の喫煙で芸能界追放という結末を呼んでしまった、
元「モーニング娘。」の加護亜依(19)
今週発売の「フラッシュ」によると、

一緒に1泊温泉旅行に出かけた恋人は、

過去に新宿のヘルス店の店長だったことが発覚!
また、報道後の彼の様子と加護の母のコメントが同誌に
掲載されている



20070405143357.jpg

(以下引用)
報道以降は自宅に戻らず、カフェにも姿を見せていない石本氏だが、
携帯電話でのコンタクトに成功した風俗ライターが
彼の今の心境を代弁してくれた。
「『自分はいいけど彼女が可哀そう・・・
なんとかフォローしたいが・・・』って、
かなりの落ち込みようでしたね。
『結婚という責任の取り方もあるのでは?』と聞いたら、
明確な否定はしなかった
加護ちゃんの親にも挨拶にいったことがある、
ともはなしていたので、将来を考えた交際だったようですが・・・」
一方、奈良の実家を直撃した本誌に対し、加護ママは
「詳しいことは未確定なんです
(実家に)帰っていませんが元気です」と語った。
(引用 フラッシュ)

加護は実家に帰らず、都内に残っているようだ。
一部マスコミの情報では、母親が他のプロダクションを

必死にあたっているという情報もある。

だが、そもそも、この1泊旅行が発覚したのは、
2人の態度の悪さが原因だったという
ホテルにVIP扱いさせて、部屋に文句をつけたり、
一般客を移動させたり。あまりに横柄だから他の宿泊客が
マスコミにタレ込んだとか・・・。
加護も自業自得だが、いい大人が何をやってるんだか・・・。

加護は12歳でデビューし、ちゃんとした教育を受けないまま
今まできてしまったのかもしれない。
今回の追放は、人生を一からやり直すために
起こるべくして起こったことなのかもなぁ・・・。

加護亜依 プロフィール

加護 亜依(かご あい、1988年2月7日 - )は、日本の芸能事務所アップフロントエージェンシーに所属していた歌手、女優、タレント。モーニング娘。の元メンバー(4期)で、同事務所のハロー!プロジェクト所属の女性デュオW(ダブルユー)のサブリーダーをつとめていた。奈良県大和高田市出身。血液型はAB型。愛称は、あいぼん、加護ちゃん。

特徴
趣味は料理。特技は「梨を切ること」とフラフープ。
父親はつんくと同い年で、横浜ベイスターズ三浦大輔投手と親交がある。
両親が17歳のときに生まれたので、本人が1歳になるまで入籍できず、それまでは事実婚だった。
ものまねをする事が大好きで常にものまねの研究をする事に夢中。その他にも、パントマイムが得意であることなど、ハロプロでも有数の芸達者として知られていた。
スポーツは苦手であり、ハロープロジェクト・スポーツフェスティバルでは小学生のキッズにも60メートル走で負けたほどでめちゃイケの特番でクソ女(じょ)に選ばれた。ただしフラフープに関しては相方の辻希美と一緒にギネス記録を達成した。

略歴
2000年3月:テレビ番組『ASAYAN』(テレビ東京系)内で行われた「モーニング娘。第3回追加オーディション」にて石川梨華、吉澤ひとみ、辻希美と共に合格。加護に指導した「教育係」は後藤真希。
2000年7月:石川梨華と共にグループ内ユニットタンポポに加入。
2000年~2004年:モーニング娘。W時代と連続してNHK紅白歌合戦に出場。
2000年7月:矢口真里、辻希美と共に身長150cm以下のユニット、ミニモニ。を結成。(同年10月にミニモニ。はミカ・トッドを迎え4人ユニットとなる。2002年9月まで、タンポポとユニット掛け持ちとなる。)
2001年1月:ミニモニ。正式デビュー。
2002年9月23日:タンポポを卒業。
2004年1月:Hello! Project 2004 Winter ~C'MON! ダンスワールド~の中野サンプラザでの公演で辻希美と共に「モーニング娘。」からの卒業を発表。
2004年5月:辻希美と共に新ユニットW(ダブルユー)を結成。
2004年8月:辻希美と共にモーニング娘。を卒業。
2006年2月:2月10日(金)発売の写真週刊誌「FRIDAY」誌面に、「加護亜依がレストランで煙草を吸っていた」と報道された。所属事務所が事実関係を確認したところ、ほぼ報道されている通りであったため、謹慎処分となった。
2007年1月:謹慎中であるが、Hello! Project 2007 Winter ~集結! 10th Anniversary~の最終日に客席から観覧していたという一部報道があった。

2007年2月23日発売の写真週刊誌「FRIDAY」誌面に、加護本人を取材した記事が掲載された。所属事務所で庶務やライブの裏方などを行なっており、喫煙スキャンダルについて「自分のしたことが本当に多くの人に迷惑をかけた」と反省し、「許されるなら歌いたい」と復帰したい意向を表した。この時点は所属事務所では、復帰の時期は依然未定としていたが、吉澤ひとみのモー娘卒業公演(2007年5月)や二十歳の誕生日(2008年2月)に復帰の兆しを見込まれていた。

2007年3月26日:週刊誌「週刊現代」にて、再度喫煙していた疑惑が掲載された。所属事務所が加護本人に事実関係を確認したところ「事実」と述べたため、「2回目という事態を重く受け止める」ということで事務所から契約解除の発表が行なわれ、事実上の芸能界引退が濃厚となった。

これを受け、元所属先の芸能プロダクション、アップフロントエージェンシーは所属タレントを再教育すると告知。内容は非公開としているが、加護の解雇に伴う注意喚起のための再教育という形になったと一部メディアに指摘された。なお、フライデー週刊現代ともスクープを行った時点での編集長は加藤晴之である。

(引用:ウィキペディア
スポンサーサイト
Copyright © 妻夫木(ツマブキ)聡と柴咲コウの熱愛の行方|情報|探偵|芸能|ニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。