長澤まさみプロフィール・芸能情報探偵の私ルパン8世が、妻夫木聡と柴咲コウの熱愛の行方と話題の芸能情報とニュースを中心に独自の視点でお知らせします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長澤まさみプロフィール


長澤 まさみ(ながさわ まさみ、本名同じ、1987年6月3日 - )

は、静岡県磐田市出身の女優。

東宝芸能所属。堀越高等学校卒業。

身長168cm。血液型はA型。

愛称はまぁちゃん、まっさん。

父親は元ジュビロ磐田監督の長澤和明。

20070420013023.jpg


長澤まさみの写真を見る
経歴

第5回(2000年度)東宝「シンデレラ」オーディションに応募。35,153人の中から史上最年少の12歳でグランプリに選ばれ、芸能界入り。同年公開の『クロスファイア』でスクリーンデビュー。後年、本人は「シンデレラになったらすぐに有名女優になれるのかと思っていた」と語っている。その後ティーン雑誌『ピチレモン』の専属モデルとなる。
2002年にヤマザキナビスコのCMに出演。これが好評で長澤の名前をまだ知らない人向けに雑誌やテレビでは「ヤマザキナビスコのCMに出ている美少女」と表現されることがこの頃多かった。

2003年には『ロボコン』に出演。初主演作品でもあるこの作品は、やる気のない女子高専生が、ロボコン大会を通じて自立して行くと言う青春映画である。この作品により、第27回日本アカデミー賞新人俳優賞等を受賞。本人はこの映画を通じて演技に目覚めたとの事で、今もなお最も好きな作品に挙げている。

同年公開のゴジラシリーズ第27作『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』、及び翌年のシリーズ最終作『ゴジラ FINAL WARS』では、同じ第5回東宝「シンデレラ」オーディションで審査員特別賞に選ばれた大塚ちひろと小美人役で共演し話題を呼んだ。『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS』のサウンドトラックCDには、大塚と2人で歌った『モスラの唄』が収録されている。

2004年には、社会現象となった興行収入85億円の大ヒット作『世界の中心で、愛をさけぶ』(以下セカチュー)にヒロインとして出演。白血病で逝く薄命の少女役を演じる。なお、この作品により、第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞(すべての部門中史上最年少)等多数の映画賞を受賞した。また、役作りのために髪を剃り上げてスキンヘッドにした。

『セカチュー』と同時期に公開された松竹作品『深呼吸の必要』を経て、『タッチ』『ラフ ROUGH』に主演した。最新主演作『涙そうそう』は興行収入30億円を超えた。

2005年には各方面で話題を呼んだ『ドラゴン桜』に、2006年には大河ドラマ『功名が辻』に出演。同年秋には、かつて薬師丸ひろ子が主演して記録的大ヒットとなった映画『セーラー服と機関銃』のリメイクとなる連続ドラマに主演し、同名の主題歌を「星泉」名義で発表した。

2006年3月にはオリコンスタイルにて「今最も輝いている女優」ランキングで1位を獲得。また、映画雑誌『キネマ旬報』では「若手映画女優でトップに位置する」とも評された。
1952年からの歴史がある『東宝カレンダー』の表紙を、2005年から3年連続で飾っている。

人物・エピソード

人見知りをするため、大勢の人がいるところではあまり話さなくなる。
父は元サッカー日本代表MFで、ジュビロ磐田初代監督としてJリーグ昇格に貢献し、現常葉学園橘高サッカー部監督の長澤和明。長澤本人は小さい頃はサッカーが嫌いだった(詳しくは長澤和明の項目を参照のこと)が、第84回全国高等学校サッカー選手権大会に初出場した常葉学園橘高のサッカー部員へミサンガを送った。

映画『世界の中心で、愛をさけぶ』の撮影が主に香川県で行われたため、2004年11月に「香川かがやき大使」に就任し、2005年8月から11月までJR山手線で車体広告電車が運行された。外部リンク:車体広告(4番目で紹介)

山手線で運行されていた「キラキラ輝け!香川にタッチ。」皮膚が薄くしわが目立ちやすいと言われることがある。しわに関して、「笑うと奴らは至る所に出てくる」 と自身のHPで語っているが、「チャームポイントの一つだと思っている」とも述べている。

自身のの大きさには以前から自覚がある模様で、『学研BOMB』2003年10月号のインタビュー記事で、「まぁ、お母さん譲りでおっきいほうかなぁ」と語っている。

理想の男性は、自分と目線が同じ位の人。これは価値観が似ていると言う意味ではなく、文字通り「同じ高さの身長」と言う意味。綺麗な靴を履いて夜の公園を散歩するのが夢。坊主頭がいい。また好きな異性のタイプは“ひげのある男性”と言っていたこともあるが、2006年夏の甲子園で全国を沸かせた斎藤佑樹投手がお気に入りらしく、新CMの告白は「ハンカチ王子を意識した」と話し、メディアを沸かせた。

東宝「シンデレラ」オーディションに応募したきっかけは、母親とその友人が優勝賞金100万円に惹かれたため。父の教え子・中山雅史の夫人である生田智子(彼女も東宝所属)からも勧めがあったという。なおグランプリを受賞した際、自身も賞金の使い道を色々と考えたが、母親が使い道を決めたため、本人は使っていない。後に親孝行と考えたものの、「流石にがっかりした」と『メレンゲの気持ち』に出演した際に語っていた。

岩手県で開催された、オシャレな髪型を決めるコンテストで2006ベスト・ヘア賞(グランプリ)を獲得した際、「ナスビのへたをイメージした」という髪型で登場。地元メディアから「岩手の人にメッセージを」とマイクを向けられた際、「ナスビヘアーを流行らせてください」と答えた。

2006年10月発売の雑誌『日経エンタテインメント!』でのインタビューにおいて、好きなアーティストはYUI、尾崎豊、スキマスイッチ、なお、『僕らの音楽』(フジテレビ、2006年12月8日放送)でスキマスイッチと対面し、古くからの曲も聴いている事を含め告白していた。

スキマスイッチの大ファンで、『ラフ ROUGH』のスキマスイッチ生ライブ付試写会では、シークレットゲストとして、登場。舞台袖裏で、このライブを聞いて感激。二人に会うなり、「大好きです!」を連発。
好きな映画は『パッチギ!』(『タッチ』公開時に行われたムービーウォーカーのインタビューでは『ジョゼと虎と魚たち』を挙げている)
目標の女優は松たか子であると語っている。

『やべっちFC』(テレビ朝日、2007年1月1日放送)で、中山雅史から小学校1,2年生の頃に求婚されたと語った。のちに中山は生田智子と結婚したが、長澤はかなりショックだったらしく「大人ってうそつき」と思ったという。
視力が悪いため、小学5年生の頃からコンタクトレンズを使用している。

主な出演作品

映画
クロスファイア(2000年 東宝) - 倉田かおり 役
なごり雪(2001年 大映) - 水田夏帆 役
黄泉がえり(2003年 東宝) - 森下直美 役
ロボコン(2003年 東宝) - 葉沢里美 役
阿修羅のごとく(2003年11月 東宝) - 里見洋子 役
ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS(2003年 東宝)- 小美人 役
世界の中心で、愛をさけぶ(2004年 東宝) - 廣瀬亜紀 役
深呼吸の必要(2004年 松竹) - 土居加奈子 役
ゴジラ FINAL WARS(2004年 東宝) - 小美人 役
タッチ(2005年 東宝) - 浅倉南 役
ラフ ROUGH(2006年 東宝) - 二ノ宮亜美 役
涙そうそう(2006年 東宝) - 新垣カオル 役
そのときは彼によろしく(2007年 東宝)- 滝川花梨 役

テレビドラマ
月曜ドラマスペシャル 「弁護士迫まり子の遺言作成ファイル3」(2000年、TBS系) - 三枝美帆 役
Pure Soul~君が僕を忘れても~(2001年、読売テレビ系)
さくら(2002年、NHK) - 沼田佳奈子 役
ほんとにあった怖い話「うしろの女」(2004年、フジテレビ系)
逃亡者 RUNAWAY(2004年 TBS系) - 鬼塚咲 役
土曜ワイド劇場 「殺人スタント」(2004年、テレビ朝日系) - 高見沢仁美 役
優しい時間(2005年、フジテレビ系) - 皆川梓 役
ドラゴン桜(2005年、TBS系) - 水野直美 役
広島 昭和20年8月6日(2005年、TBS系) - 矢島真希 役
功名が辻(2006年、NHK) - 小りん 役
セーラー服と機関銃(2006年、TBS系) - 星泉 役(主演)
明智光秀~神に愛されなかった男~(2007年、フジテレビ系) - ひろ子 役
ママが料理をつくる理由(2007年、フジテレビ系) - 幸田みゆき 役
シェイクスピア ドラマスペシャル「ロミオとジュリエット~すれちがい~」(2007年、日本テレビ系)
プロポーズ大作戦(2007年、フジテレビ系) - 吉田礼役(山下智久とのW主演)

CM
コロナ 石油ファンヒーター(2002年) ウルトラマンコスモスと共演
ヤマザキナビスコ ジャムクレープクッキー (2002年)
日本損害保険協会 防火キャンペーン(2004年)
NTT西日本 フレッツ・光プレミアム(2005年~)
シードコンタクトレンズ(2005年~)
カルピスウォーター(2005年~)
KOSE サロンスタイルシャンプー・ナノチャージ(2005年~)
セイコーエプソン カラリオ(2005年~)
『一枚の、全社一丸篇』(2005年10月~)
『まさみの日記・ケータイ篇』(2005年10月~)高橋克実、藤村俊二らと共演。
『まさみの日記・EC篇』(2005年10月~)高橋克実、藤村俊二らと共演。
『まさみの年賀状作り篇』(2005年11月~)高橋克実、藤村俊二らと共演。
『みんなでポン!篇』(2006年1月~)高橋克実、藤村俊二らと共演。
『失敗卒業篇』(2006年2月~)高橋克実、藤村俊二らと共演。
『我が家の笑顔篇』(2006年2月~)高橋克実、藤村俊二らと共演。
『まさみと父のプレゼント篇』(2006年9月~)高橋克実、未唯mieらと共演。
『父の想い篇』(2006年10月~)高橋克実、藤村俊二らと共演。
『家族でぎゅーっ!と篇』(2006年11月~)高橋克実、藤村俊二、未唯mieらと共演。
『デデデデデデデ、出た!篇』(2006年11月~)高橋克実、藤村俊二、未唯mieらと共演。
『ぜ~んぶおまかせ篇』(2007年2月~)高橋克実、藤村俊二、未唯mieらと共演。
WOWOW(2005年) 明石家さんまと共演
この共演は、さんまが「長澤まさみに会いたい」とスタッフに話した事から実現した(さんまの発言による)。
静岡県選挙管理委員会 衆議院選挙(2005年)
ロッテ
のど飴(2005年~)
ガーナミルクチョコレート(2006年~)2006年冬は上戸彩・堀北真希と、2006年秋から森迫永依と共演
エスエス製薬 エスタック「ニスキャップ」12(2006年~)
JR西日本(2006年~)
味の素 クノールカップスープ(2006年10月1日~)
「スープブラウン」 『サクサククランチ篇』(2006年10月1日~)
「カップスープ」 『ベッド(コーン)篇』(2006年)
「豆乳のポタージュ」 『母さんと飲む篇』(2006年11月3日~)
「カップスープ」 『冬・廊下(トマト)篇』(2006年)

ラジオ
長澤まさみのオールナイトニッポンR(2005年2月18日、ニッポン放送)
長澤まさみのオールナイトニッポン(2006年10月16日、ニッポン放送)
長澤まさみ新番組タイトル未定(仮)(公募するとの事 2007年4月8日~、ニッポン放送)

その他
静岡銀行(イメージキャラクターとしてポスター等に登場)
警察カレンダー(2006年)
関口宏の東京フレンドパークII(2006年、TBS)
さんまのまんまSP(2006年、関西テレビ・フジテレビ系)
月刊テレビ雑誌「B.L.T.」にて長澤まさみ極私的エッセイ「Natural High」を連載中
ヨシモト∞(オリエンタルラジオと共演)

PV
ツバサ/アンダーグラフ(2004年)
今日だけは/DREAMS COME TRUE(2006年)

WEB
OCN Talking Japan 第46回ゲスト
NTT西日本 あそむび(2007.1.23~3.28)

CD

シングル
セーラー服と機関銃(2006年10月25日、ビクターエンタテインメント)星泉名義
薬師丸ひろ子の同名曲のカバー、同名主演ドラマの主題歌。

リンク

PEACE(東宝芸能公式サイト)

(引用:ウィキペディア
スポンサーサイト
Copyright © 妻夫木(ツマブキ)聡と柴咲コウの熱愛の行方|情報|探偵|芸能|ニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。