鈴木京香 ゼネコン会長の愛人だった!?「京香は自分の愛人だ」・芸能情報探偵の私ルパン8世が、妻夫木聡と柴咲コウの熱愛の行方と話題の芸能情報とニュースを中心に独自の視点でお知らせします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈴木京香 ゼネコン会長の愛人だった!?「京香は自分の愛人だ」


TBSドラマ「華麗なる一族」(⇒こちら)で北大路欣也と濃厚な濡れ場を演じた鈴木京香(38)。 私生活でも、ある財界人の"愛人"であるとの情報が流れ、波紋を広げている。 一部週刊誌によると、大手ゼネコンの52歳になる会長が、「京香は自分の愛人だ」と周囲に吹聴しているという。 このウワサについて、京香サイドは全面否定。一方のゼネコン会長も、付き合いがあることは認めているものの「食事をする時は妻も一緒」と、京香が自分の愛人と言われることは不本意だと否定している。 そもそもなぜこのような"愛人説"が出回ったのだろうか?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。