【第60回カンヌ国際映画祭】日本の星!河瀬監督にスタンディングオベーション鳴りやまず!パルムドール見えた?・芸能情報探偵の私ルパン8世が、妻夫木聡と柴咲コウの熱愛の行方と話題の芸能情報とニュースを中心に独自の視点でお知らせします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【第60回カンヌ国際映画祭】日本の星!河瀬監督にスタンディングオベーション鳴りやまず!パルムドール見えた?


第60回カンヌ国際映画祭コンペティション部門作品である、河瀬直美監督『殯(もがり)の森』(東京公開は6月23日、大阪公開は7月7日)の公式上映が、現地時間26日、メーン会場で行われ、約5分間のスタンディングオベーションに沸いた。 20070528095732.jpg
鳴りやまぬスタンディングオベーションを受ける河瀬直美監督 - -カンヌ会場にて-(シネマトゥデイ)
「殯(もがり)の森」は、河瀬監督の故郷・奈良のグループホームを舞台に、認知症の老人・しげき(うだしげき)と、子どもを亡くした介護士(尾野真千子)の交流を通して、生と死を見つめる人間ドラマ。河瀬監督にとっては、長編初監督作『萌の朱雀』(96)で、第50回大会のカメラ・ドール賞(新人監督賞)を受賞している想い出の映画祭だけに喜びもひとしお。河瀬監督も「60回の歴史を刻むこの映画祭に足跡を残せたと、胸を張って言いたい。選ばれたことを誇りに思うし、この作品に自信を持ってます」。  それだけに、鳴りやまぬ拍手に河瀬監督は、共演者たちと熱い抱擁を交わし、主演女優の尾野真千子は、感激のあまり大粒の涙をポロポロ流した。  しかし、そんな熱狂の渦の中、なんと居眠りしていた大物が一人。河瀬監督の長男・光き(3)くん(読み方は、みつき。きは漢字。示偏に斤と書く)だ。子どもには遅い22時30分からの上映だったため、上映中に熟睡してしまった様子。それを拍手で起こされて、迷惑そうな表情をした顔が大スクリーンに映しだされ、感動のはずのスタンディングオベーションがほのぼのした笑いに包まれた。 コンペの受賞結果は27日(日本時間28日早朝)。なお同日、一足早く、各賞の発表が行われ、国際批評家連盟賞は、ルーマニアのクリスティアン・ムンジウ監督『4か月、3週間と2日』に。全キリスト協会賞は、ドイツのファティ・アキン監督『エッジ・オブ・ヘヴン』に贈られた。 興味深い映画ですね。少子高齢化が進む先進国では認知症は共通の悩みとなるのでしょうか。映画の内容というかストーリーもそうですが、カンヌに出るにはやはり監督の演出が素晴らしいのでしょうね。 機会があれば見てみたい映画の一つです。 第60回カンヌ国際映画祭コンペ作品を見る⇒ここをクリック (引用:ヤフーヘッドライン
スポンサーサイト
Copyright © 妻夫木(ツマブキ)聡と柴咲コウの熱愛の行方|情報|探偵|芸能|ニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。