妻夫木、映画「憑神」は3度見れば御利益ある・芸能情報探偵の私ルパン8世が、妻夫木聡と柴咲コウの熱愛の行方と話題の芸能情報とニュースを中心に独自の視点でお知らせします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妻夫木、映画「憑神」は3度見れば御利益ある


映画「憑神(つきがみ)」(23日公開、降旗康男監督)の完成会見が31日、東京・渋谷セルリアンタワー東急ホテルの「能楽堂」で行われ、主演の妻夫木聡(26)、森迫永依(9つ)ら出演者が和装で登場した。(⇒画像) 幕末を舞台に、下級武士・別所彦三郎(妻夫木)が「三囲(みめぐり)神社」と「三巡神社」を間違えて貧乏神、疫病神、死に神と次々に憑神にとり付かれて悪戦苦闘する物語。妻夫木はストーリーになぞらえ「3度、見れば御利益があるといううたい文句を使っていきたい」とPR。また夏木マリ(55)は、映画に出演したことで「最近、愛が足りないと分かったので、愛のフランス人宣言をします。今年の暮れには発表できるかも」と、福の神が来ることを願った。 3回見ればご利益ありかぁ… 最近ホントついてないので、妻夫木聡のパワーをくれないかなぁ… 20070604175712.jpg
記者会見の写真です。楽しそう♪ (引用:ヤフーヘッドライン
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。