中森明菜にまた金銭トラブル?苦労して建てたビルを売却していた!・芸能情報探偵の私ルパン8世が、妻夫木聡と柴咲コウの熱愛の行方と話題の芸能情報とニュースを中心に独自の視点でお知らせします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中森明菜にまた金銭トラブル?苦労して建てたビルを売却していた!


昭和のアイドルこと中森明菜(41)にトラブル発生とのウワサが浮上している。⇒画像 発売中の女性自身によると、巨費を投じて両親のために建設したビルが、土地ごと売却されていたというのだ。 明菜が人気絶頂⇒画像の1987年に、埼玉県三芳町の212平方メートルの土地に約1億円の建築費をかけ、3階建ての雑居ビルを建設。その名も「大明華ビル」。 1階には明菜の父・明男さん(73)が中華料理店を構え、遠方から来る客もいる程に評判も上々。長年に渡って店を繁盛させてきた。 '01年にはビルのローンを完済。実質上の"ビルオーナー"となり順風満帆に思われたが、'04年に突然売却してしまったという。 当然、父親の中華料理店も止む無く閉店となってしまったワケだが、一体、明菜に何が起こっているのだろうか?⇒GEINOUJINRANKING
スポンサーサイト
Copyright © 妻夫木(ツマブキ)聡と柴咲コウの熱愛の行方|情報|探偵|芸能|ニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。