“お買い得”で主役を張り続ける上戸彩・芸能情報探偵の私ルパン8世が、妻夫木聡と柴咲コウの熱愛の行方と話題の芸能情報とニュースを中心に独自の視点でお知らせします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“お買い得”で主役を張り続ける上戸彩


上戸彩(21)が“また”連続ドラマの主演に決まった。10月に始まる「ワイルドママ」(フジテレビ)で、母親役に初挑戦する。(⇒画像) 共演は大泉洋(34)。NHK大河「功名が辻」の大石静氏が脚本を担当することで早くも話題になっている。  このドラマに上戸は“背水の陣”で臨むことになる。最近の上戸は主演ドラマのヒットに恵まれず、コケたら致命傷になりかねないからだ。 「1、2年前まで、上戸は“コスプレ女優”として大人気でした。04年の『エースをねらえ!』ではスコート姿、05年の『アタックNo.1』ではブルマー姿、昨春の『アテンションプリーズ』でスッチー姿を披露して好調を維持していました。しかし、その後、快進撃がピタリと止まってしまった」(マスコミ関係者)  昨夏の「下北サンデーズ」(テレビ朝日)の視聴率は平均で7%台、今年2月に放送された2夜連続スペシャルドラマ「李香蘭」(テレビ東京)も1ケタ台だった。今春の「ホテリアー」(テレビ朝日)も8%台。最近の上戸は、「数字が稼げない女優」として定着しつつある。
スポンサーサイト
Copyright © 妻夫木(ツマブキ)聡と柴咲コウの熱愛の行方|情報|探偵|芸能|ニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。