木村沙織、敗戦の中に収穫「自分の役割、見えてきた」・芸能情報探偵の私ルパン8世が、妻夫木聡と柴咲コウの熱愛の行方と話題の芸能情報とニュースを中心に独自の視点でお知らせします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木村沙織、敗戦の中に収穫「自分の役割、見えてきた」


ワールドグランプリ岡山ラウンド◇第3日◇3日◇桃太郎アリーナ

日本 0-3 ブラジル(21-25、21-25、18-25)

予選ラウンドでは2度目の対戦となったブラジル戦。

結果は東京ラウンドと同様、ストレートでの敗戦だったが、

キャプテン竹下は「良い部分もあった」と一方的な展開となった

前戦との違いを語り、木村は「自分の役割がみえてきた」と収穫を

口にした。

第1セット途中から、大山に代わりコートに立った小山は

「強いプレーを見せたい」と決勝ラウンドでの意気込みを語った。

実は私、学生時代はバレーボールをしていたんです。

ただ身長が高いだけで、エースアタッカーでした(苦笑)

エースらしい働きが出来ていたかは???
【竹下佳江】

試合前から、気持ちを込めて臨んだ。残念な結果だったが、決勝

ラウンドに向けて一丸となって、かんばって行きたい。

 - 前回のブラジル戦と比べると?

連続失点があったが、前回のように一方的ではなく、自分たちに

良い部分もあった。バックアタックなど選択肢があった。

目先が変わった攻撃が出来ていたのでは。

【木村沙織】

出だしからキャッチで崩されてしまった。Aキャッチで返せれば、

もっと良くなる。次は修正したい。

グラチャンでは何も出来なくて、悔しい思いをした。

今回のほうが自分の役割とかが見えてきたところがあったので良かった。

【小山修加】イタリアでは強いプレーを見せたい。

今日は、コートで思いっきりプレーが出来ればいい、と思って

コートに立った。

見るなら絶対女子バレーですね。

最近、女子バレーボールプレイヤーもニュースキャスターとして

活躍されていますよね。

フィギアスケートが花盛りですが、球技も頑張って欲しいです。

(引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 妻夫木(ツマブキ)聡と柴咲コウの熱愛の行方|情報|探偵|芸能|ニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。