永作博美 松山ケンイチと全裸で濡れ場!「ズボン脱いで。パンツも脱いで…」・芸能情報探偵の私ルパン8世が、妻夫木聡と柴咲コウの熱愛の行方と話題の芸能情報とニュースを中心に独自の視点でお知らせします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

永作博美 松山ケンイチと全裸で濡れ場!「ズボン脱いで。パンツも脱いで…」


三十代にして初主演「人のセックスを笑うな」が注目されている女優・永作博美(37)。 今年春に公開された「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」でも、"三十路処女妻"を熱演した彼女。かつては'96年のドラマ「ひとり暮らし」で常盤貴子とレズシーンを演じたり、映画「ドッペンゲルガー」でソフトな濡れ場に挑戦したりもした。 そして今回はタイトルからして期待が持てるだけに、永作の"体当たり演技"が注目を集めている。 20歳ほど年の離れた美術学生(松山ケンイチ)を誘惑し、肉体関係を持ってしまう美大非常勤講師という設定だ。
スポンサーサイト
Copyright © 妻夫木(ツマブキ)聡と柴咲コウの熱愛の行方|情報|探偵|芸能|ニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。