小雪 ストリッパー役で妖艶に!官能的な衣装からこぼれる胸の谷間が…・芸能情報探偵の私ルパン8世が、妻夫木聡と柴咲コウの熱愛の行方と話題の芸能情報とニュースを中心に独自の視点でお知らせします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小雪 ストリッパー役で妖艶に!官能的な衣装からこぼれる胸の谷間が…


11月3日より公開される映画「吉岡秀隆/ALWAYS 三丁目の夕日 ALWAYS 続・三丁目の夕日」で、前回に引き続き、踊り子ヒロミ役で出演している小雪(30)。 前作で、小料理屋の女将役で三丁目に身を寄せたが、借金の都合でまた元のストリッパーの仕事に戻されてしまう薄幸の女性という役柄だ。 小雪といえば、170センチの長身で、B83・W58.H85のスレンダーボディがセクシーと評判。 舞台は昭和30年代の浅草にあるストリップ劇場・ゴールデン座で「ベティ」という源氏名。 "妖艶肉体祭"のノボリや踊り子たちの写真や立て看板が何ともやらしく、往時を知る世代なら懐かしさも含めて思わず興奮してしまうほどなのだとか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。