ハロプロ最後の砦「美勇伝」の過激コンサートとは!? 胸元開いてパンツ見せるのは当たり前・芸能情報探偵の私ルパン8世が、妻夫木聡と柴咲コウの熱愛の行方と話題の芸能情報とニュースを中心に独自の視点でお知らせします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロプロ最後の砦「美勇伝」の過激コンサートとは!? 胸元開いてパンツ見せるのは当たり前


現在、不祥事続きで崩壊状態にあるハロプロにあって、唯一気を吐いているのが美勇伝だ。 2004年8月、当時「モーニング娘。」に在籍していた石川梨華を中心として、オーディション合格者である、三好絵梨香岡田唯とで結成された女性3人組ユニット。 そんな美勇伝のコンサートはまさに過激そのもので、彼女達がステージに上がると、客の目のギラつきが増すという。 思えば、モー娘がまだ全国的人気を誇り、ヒットチャートの常連だった頃、肌の露出はNG。見せるにしても"エロ"はできるだけ排除し、健康的なイメージを守り続けたものだった。 ところが、今やエロのオンパレード。コンサートでは胸元を大きく開き、太ももは惜しげもなく披露。谷間パンツが見えるなんてことは当たり前になっているという。そんな"エロ路線"の先鋒を担っている美勇伝コンサートの状況報告でした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。