加藤ローサ 「ベッドシーン」で評価が急上昇!ギャラは100万円から倍増・芸能情報探偵の私ルパン8世が、妻夫木聡と柴咲コウの熱愛の行方と話題の芸能情報とニュースを中心に独自の視点でお知らせします。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤ローサ 「ベッドシーン」で評価が急上昇!ギャラは100万円から倍増


今年の夏ドラマ「 女帝」で大胆な艶技を披露した加藤ローサ(22)。 身長158センチで、B83・W58.H85のボディを武器に、初めての"脱ぎ仕事"にチャレンジした。 シャワーシーンでは、ヒップの割れ目までチラ見せし、片乳がはみださんばかりの危ないポーズも披露。慣れない初仕事のせいか、ブラジャーのホックをはずすときはブルブルと震え、何度もNGを出したとか。 だが、ベッドシーンになると、背を湾曲にそらし、本気で感じているかのごとく眉間にシワを寄せて喘ぐ演技は大絶賛だったという。 そんな好演もあって「女帝」は高視聴率をマーク。その後、ローサの評価は急上昇しているようだ。
スポンサーサイト
Copyright © 妻夫木(ツマブキ)聡と柴咲コウの熱愛の行方|情報|探偵|芸能|ニュース All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。